【無料】姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編※パンティがビショビって。。。

※パンティがビショビって。。。

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】ネタバレ・あらすじ

以前お付き合いしていた彼はひどい包茎で、エッチなことはほとんど出来ませんでした。

 

手術も考えたのですが、当の本人が怖がって結局行かずじまいだったため、私はいつも欲求不満でした。

 

そんなイライラが募ったせいか彼とは別れてしまい、私は新しい彼を探すことにしました。

今の彼との出会いは婚活パーティーで、何回か食事に行った後にお付き合いを申し込まれてOKしました。

 

しかし、恋人同士になったら当然そういうこともするのだろうと期待する反面、5年間もエッチをしなかった自分が今更うまくやれるのか不安になっていました。

そんな中初めてお泊りをする機会があり、今の彼と初めてホテルへ行くことになりました。

 

部屋に入って最初こそ緊張していましたが、キスが始まると今までの不安は理性とともに完全に吹き飛び、私は久しぶりに女として求められる悦びを知りました。

 

彼の指や舌が私の身体に触れる度どんどん感じてしまい、私の一部分が熱く濡れていくのがわかりました。

気づくと私は涙目で彼に「早く挿入して」と懇願していました。

 

彼の熱を帯びたものが入り口に押し当てられた時、なんとも言えない期待感とドキドキに満ちていたのを覚えています。

 

挿入の瞬間は少しだけ痛かったですが、彼のものが私の中に少しずつ埋まっていく度に痛みが快感に変わり、すべて入り切った時はとても幸福な気分でした。

 

それから私も彼も夢中で腰を動かし、ただひたすらに絶頂への階段を駆け上がっていきました。

呼吸がどんどんと荒くなり、苦しそうな声で「ごめん、もう我慢できないかも」と言った彼。

 

その切なげな表情にスイッチが入ってしまい、彼のものから熱い液体が放出されると同時に私も達してしまいました。

 

久しぶりのエッチはとても気持ちよくて、終わった後しばらくぼんやりと放心して動けなかったのを覚えています。

 

その後は彼が腕枕をしながらずっと私の髪を撫でてくれて、二人で朝まで眠って過ごしました。

 

 

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

姉はヤンママ授乳中in実家編の画像

前の彼とお付き合いをしていた時は「もう一生自分はエッチをすることが出来ないんだな」と諦めていましたが、正直エッチが出来ないと分かった時点で別れていれば良かったと思いました。

5年ぶりなのに同時にオーガズムに達する人と出会えたことに感動しましたし、何よりもエッチはお付き合いをする上で重要なコミュニケーション手段なんだということを実感しました。

これから一緒に過ごす上で、性格はもちろんですがやはり体の相性というのも大切だと思います。

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓