【無料】姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編※最終話の意外な結末に大興奮

熱海編・実家編※最終話の意外な結末に大興奮

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】ネタバレ・あらすじ

初めて泣いてしまった彼の優しさに初めて泣いたあの日の夜。

 

それは彼と私が初めて避妊をしないでした夜でした。今までは避妊具をつけて、彼の優しさに甘える夜でしたが、この日の夜は彼が私にプロポーズをしてくれたよるでした。

そんな夜は私にとっても忘れられない夜でした。

 

初めて私の身体の中に彼のアレが入ったとき今までとは違った感じがしました。

 

生暖かい感じが忘れられないです。そしてこれから結婚して子供が出来ても彼となら安心できると思った瞬間に泣いてしまいました。

彼は突然泣いてしまったので痛いことしたのかずっとごめんねごめんねって謝っている姿を見て、また泣けて来ました。

 

私が初めてエッチなことをした時はとにかくくすぐったい感じがして逃げ回っていた時期があり、一途な思いもお互い理解していて、振り返りを私がしていた時、彼が男泣きをしたのが一番嬉しかったです。

 

彼がそんなこともあったね〜とか言いながら泣いていたのにつられて私もさらに泣きました。

 

初めての中出しが痛いと勘違いしていた彼が本当に痛くて泣いていると思ったと言われた時にはびっくりしました。

中出しはかなりリスクがあるし、結婚相手だからできたかもしれないと思うと運命的な感じがしました。

 

彼が腰を振ると少し痛かったですが、彼との気持ちいい体験はあの日を境に今も続いていますが未だにコウノトリは来ないです。

いつでもコウノトリが来てもいい感じはしていますし、彼の優しさに甘え過ぎてもいけない気がしています。

 

本当に大事にしたい人は、エッチなことを恥ずかしいと思わないし、本当に好きだからこそできる行為だと思っています。

 

避妊具しない気持ち良さを初めて知った日でした。

 

痛いのは初めだけで、あとはなんとも言えない気持ち良さだけ残るそんな感じがしました。

 

おっぱいが潰れるぐらい上に乗ってきた時は流石に痛かったですけど、それでも抱き上げてくれた時彼と向き合って見つめる目は、今でも忘れられないです。

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

姉はヤンママ授乳中in実家編の画像

私のあそこから彼のアレが抜けると初めて血がついていたのでビックリしました。

 

私のあそこが切れてしまったのかと思って彼に聞いたら、処女膜が切れたんだね。って言ってくれて初めて理解しました。

大人になった私はコンドームでは切れなかったから中出しは凄いと思った瞬間でした。

そして彼はおもむろに、鞄から大人のおもちゃを出してきて、私のあそこにそっと入れて、私に私のあそこの中を見せてくれました。

 

おもちゃを入れられた時は彼のアレを入れるより痛かったですが、彼が私に見せてくれた私のあそこは、神秘的でした。忘れられない思いでです

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓